アコムといえば、言うまでもなく消費者金融業者の大手ですが、アコムは決してキャッシングだけに特化した企業というわけではありません。

お金を借りることを考えた場合、多くの人がイメージするのがアコムなど消費者金融ですが、最近では銀行などでもアコムなどと同様のカードローンを取り扱うところが増えてきました。

アコムなどの消費者金融の特徴といえば、融資を行うにあたって保証人や担保などは必要ないというものですが、銀行のカードローンにおいても同様のルールのもと運用されています。

では保証人がないこれらのカードローンではどうしているのかといえば、いわゆる「保証会社」というものが銀行と利用者との間に入っている場合がほとんどです。銀行は個人無担保融資の参入が遅く、保証会社に審査・保証を委託しなければならない為、銀行カードローンの審査は消費者金融や信販会社がしている事がほとんどです。

保証会社としての役割は、銀行に対して申し込んできた人の身分を保証することが主なものとなっていますが、このほかにもたとえば利用者の返済が滞納した場合などにその債務を肩代わりすることなどがあります。アコムでは

 

  • じぶん銀行カードローン
  • 三菱UFJ銀行カードローン
  • ソニー銀行のカードローン
  • 北海道銀行のカードローン ラピッド

などの保証会社として名を連ねていますが、こうしたカードローンで債務がアコムに移ったからといって利用者が返済をしなくても良いというわけではなく、アコムへの債務が残るというシステムです。

このように、銀行からすればアコムの持つ優れた個人保証という仕組みに加えて返済滞納時における回収についてもアコムにゆだねることができますので、非常にメリットが大きいといえます。

また、アコムからすればその分の手数料などを銀行から受け取ることによって経営の安定を図ることができますので、銀行とアコム双方にとってもメリットがある仕組みといえるかもしれません。

もともとアコムはスピーディーな審査で知られていますので、そのアコムを保証会社として迎えることによって、銀行としてもアコムで契約した場合と同様のスピード融資を実現することが可能となります。

ただ融資を行っているだけではなく、保証会社としての側面を持つアコムは各方面からも信頼を受けている企業なのです。