10年位前にアコムの役員が言っていましたが、アコムの最優良顧客は公務員と上場企業の社員だそうです。

つまり、消費者金融会社から見た場合の最も理想的な顧客像は、勤務先はしっかりしていて家や財産も有りますが一時的にキャッシュが足りなくなった人だそうです。

 

つまり、ご主人のポケットマネーが一時的に足りなくて、アコムなどでキャッシングする訳です。


従って、業者としてもこの様な顧客にはいつでも融資したい訳ですし、いつまでも借りていて欲しい訳です。何故なら公務員や大企業の社員は持家に妻子と共に住んでいますが、自分のポケットマネーが足りなくなって妻に内緒でキャッシングするというパターンですから貸し倒れる心配はありません。

また、その様な顧客は勤務先や家族に内緒でキャッシングしているため、返済日には間違いなく返済しますしその気になれば何時でも全額返済できるのです。

 

従って、この様な顧客がアコムなどの消費者金融会社の審査に最も通り易い人と言えます。


また、公務員や上場企業の社員ではなくても、しっかりした会社の正社員や準公務員的な団体職員なども審査に通り安い人のパターンと言えます。そして、それに次ぐのが中小企業の社員ということになります。

中小企業の社員よりも経営者の方が社会的地位は高いですが、融資の場合の信用力は経営者よりも社員の方が上なのです。何故なら経営者は経営者個人のリスクに加えて会社の倒産リスクを背負っていますから、社員のリスクを上回るリスクを持っていると言えるからです。

クレジットカードの審査は通常クレジットカードのヒストリーなども見られますがアコムマスターカードの場合はアコムが消費者金融なので消費者金融の審査の基準で見てもらうことが出来ます。

その辺がここでだめなら諦めてという所以ですが、カードローン 審査基準以外でもアコムがメガバンクのカードローンの保証会社をしているなどの理由が挙げられます。

しかし、事業ローンとしてお金を借りることは出来ません。事業ローンとはあくまでも会社名義で借りるローンのことで、会社名義だと有限責任なので会社が倒産した場合貸倒になってしまうからです。